結婚式は出席する側もお金がかかる!

現在30代前半で、雑貨を扱うお店を経営しています。
3年目になりますが、学生が多い街なので何とかいつもお店は賑わっています。

そして、ちょうど適齢期ということもあり、私の周りは結婚ラッシュ。
そうなると、おめでたい話ではありますが、ご祝儀や交通費でお金がどんどんなくなっていきます。

30歳になったばかりの時、高校の友人2人から同じ月に結婚式を挙げると連絡がありました。
私は嬉しくて2人ともに出席の返事を送りました。

2人の挙式予定日は同じ月と言っても2週間程ズレていたので、どちらにも出席できてとても嬉しかったです。

しかし、大学進学を機に実家から、特急で3時間強の距離で一人暮らし中の私は、ご祝儀と交通費の捻出に困りました。
2回、地元に往復しなければならないのです。

とりあえず、式がある日まで外食は控えることにしまして、毎月少しずつお金を貯めました。
何とか2人へのご祝儀と、2往復分の交通費が用意できて一安心したのですが、クローゼットを見て愕然としました。

「こんな可愛い服、もう30歳なのに子供っぽいんじゃない?」
一度そう思うと、靴やバッグまで子供っぽく見えてきて仕方がなくなりました。

20代の頃のコーディネートで恥をかくんじゃないか、という不安に襲われました。

慌てて買い物に出掛けましたが、フォーマルワンピースはそれなりのお値段なので、靴やバッグも買い換えるとなると、折角節約して貯めたご祝儀と交通費がなくなってしまいます。

安いものが見つかりやすい通販も考えましたが、実際に目で見て試着したかったので、やはりショップに買いに行くことにしました。

しかし、私には使える現金がなかったので、購入の際はクレジットを使いました。
クレジットカードは本当にお金がない時か、通販サイトで買い物をする時にしか使わないことにしているのですが、この時は本当に緊急事態だったので使うことにしました。

※事業者が個人として借りることの出来るローンもあるみたいなので、気になる方は参考までに⇒事業者ローン 運転資金

結局予定していた金額よりも高いワンピースを購入したので、分割払いで支払うことになってしまいました。

友人の結婚式はとても嬉しいのですが、フォーマルな場に出席するのにはお金がかかるなぁ、と強く感じました。

ブラックフォーマルの選び方

親しき仲にも礼儀ありと言う言葉がありますように、結婚式、お葬式どちらにも礼儀正しい服装を選びましょう。

まずは結婚式です。この頃の結婚式の主役の年齢が30前後が多いようです。
いとこの結婚式の場合でしたら、白以外のカクテルドレス等が良いと思います。

近所のショッピングモールでもお呼ばれ用のドレスは売っているので、探すのにそれほど苦労は無いと思います。
私はいとこの結婚式に「是非振袖を着てきてほしい」と要望があったので、成人式の時の振袖を着て行きました。

独身だったので振袖でしたが、お友達の中には先に結婚し、お子様がいらっしゃる方などは色鮮やかな訪問着をお召でした。
喜ばれるのはやはりお着物ですが、同世代の結婚式ならお呼ばれドレスで十分です。

因みにお着物をお召になるのなら、前もって評判の良い美容師さんに着付けをお願いしたようが良いです。
私の振袖は、苦しくって披露宴で座るのさえ辛く、食事なんて全くできなかったので、着て行ったことに後悔しました。

甥っ子、姪っ子の結婚式の場合でしたら、やはり留袖がいいと思います。黒字に紋が入っていて裾だけ柄が入っているお着物です。

中にはラメの入っているスーツの方もいらっしゃいますが、前述の通りお着物が喜ばれます。
こう言う機会にしか着ない留袖なので、是非お召しになることをお勧めします。

持っていらっしゃらなければ、レンタルの留袖や明るいカラーのスーツなどがよろしいかと思います。

次はお葬式の場合です。
この頃、お着物をお召になる方がほとんどお見かけしなくなりました。皆さん黒の礼服をお召になっていらっしゃいます。

こちらもスーパーやデパートでも売っていますし、通販でも販売しているので探すのには苦労しないと思いますが、サイズは少し大きめをお求めになることをお勧めします。

お葬式の前日にお通夜がございますが、こちらは服装に基本的には気を配る必要はありません。

なぜならば、「急な知らせで飛んできた」と言うことがあり、亡くなった方のもしくは喪主さんの会社の同僚の方が作業着で来れれる場合もあります。

実際私の大叔父のお葬式の時には叔父(喪主)の会社関係の方が時間を問わずお見えになりました。有り難い事です。

お葬式の場合は、必ず礼服をお召になりましょう。
故人をきちんと見送って差し上げるのが、残されたものの礼儀です。

中には真珠のネックレス、イアリングを身に付けては華美になるのでいけないとおっしゃる方もいらっしゃいますが、真珠は涙を表すとも申しますので、こちらは白もしくは黒真珠なら大丈夫です。

その他のアクセサリーは控えましょう。

詳しくはこちらのサイトで書いているので参考にしてみて下さいね。【ブラックフォーマル

助けられています

うちは、普段から生活費ギリギリで生活しています。食料品はスーパーの半額で買ったり、新聞の折り込みチェックして、いつも安いものばかり食べています。
生活費としてのお金は毎日のように困ってはいますが、対策としては、普段はひたすら辛抱あるのみですが、急な大きなお金入り用のときには、大抵は生命保険会社の契約者貸付制度を利用しています。
もう長いこと、この契約者貸付制度から、借りては返し、また借りては返し…の繰り返しをやっています。
これまでどうにか契約者貸付制度の利用可能額を越えた額以上の額が必要になったことがないのが幸いです。

結婚式に家族全員招待されたときには、もう参りました。うちは4人家族ですが、もうおめでとう!の言葉どころか案内状のはがき見て、絶句してしまいました。何も4人全員をご招待しなくても良かろうに…と思ってしまいました。そのときはご祝儀として10万円を包みましたが、丸々、生命保険の契約者貸付金からお借りしました。
御祝儀だけにお金がかるのではありません。体型が変わってしまいフォーマル衣装も購入する必要がありました。少しでも安く手に入れる為にこのサイトを利用し、出費を抑えました。

☆このサイト⇒ブラックフォーマルレディース通販|おしゃれで安い喪服や礼服

最近はネットで借りて、ネットで返せるようになりましたが、ネットでのやりとりがなかった時代には、生命保険会社に電話したり、担当の営業に来てもらっての手続きが恥ずかしくてたまりませんでした。
担当者も腹のなかどう思っているかなぁ~、なぁーんて勘ぐったりもして、そんな自分にも嫌気がさしたりしていました。
それから、子供の大学の学費が足らなくなったときには金額が大きかったです。大学卒業までの一年分が足りませんでした。諸々で120万円程、そのときも同じように、生命保険会社から借りました。この時は、すでにネットでのやりとりができるようになっていましたから、手続きも、精神的にも楽でした。
夫も私も終身保険に入っていますので、どちらの名義からでも貸付ができます。
数年前からネットでのやりとりで、この種のストレスは解消できています。「契約者貸付金残高」なるハガキが届きますが、これくらいのことなら、特に気にもなりません。
他にお金で困ったときは、車の保険料の一年分の引き落とし分と車検代です。車を持たないわけにはいきませんので、この出費は止むをえません。
方法は、この為のチョビチョビ貯金か、上記の貸付のいずれかです。
もっと稼げたらいいな。それが一番の問題解決なのですが…。”

あこがれの専業主婦になる悲しさ。居酒屋でアルバイトを始めました。

大学をでてから就職し、一人暮らしをしていましたので、自由気ままな生活が十数年も続いていました。

そして職場結婚し、あこがれの専業主婦の道を選びました。

わたしの専業主婦の勝手なイメージは、午前中に掃除・洗濯をして、たまに昼は友人とランチに行ったり、ショッピングしたり、ヨガなどを習ったり、、などでした。早速ホットヨガに入会しちゃいました。優雅な主婦~のつもり、、が!!あたりまえなのですが結婚したとたんに私の収入はなくなるわけで、自由に使えるお金が・・・ない!!それでもしばらくは今までの貯金で好きな洋服や化粧品を買ったりしていましたがだんだんと貯金も底をつきはじめました。

主人から毎月お小遣いはもらってはいるものの全然たりないのです。あこがれだった専業主婦になったのに今までの生活はもうできないんだということを知り、なんだか悲しい気持ちになりました。

今までデパートの化粧品売り場で購入していた化粧品はドラッグストアーで買うようになり、名前の通ったブランドのお店での洋服は少々値段も高いので購入をあきらめるしかなく、ショッピングモールの中に入っているような名前もよくわからないような激安のお店の洋服をいつのまにか買うようになっている自分に気が付きました、、悲しさは増す一方です。

やっぱり結婚しても仕事は続けるべきであったとつくづく思います。

世間では最近は夫婦ふたりとも働きながら生活していることがあたりまえのようになってきています。ふたりで働いていれば貯金もできますし、余裕ある生活ができますね。そこで、わたしもとりあえず働こうと思い立ったのです。

週3日だけとりあえず。お小遣い稼せぎのレベルですね。

アルバイト募集サイトに登録して随時自分に合ったアルバイト先を探していました。

で、見つけたのが近所の居酒屋。居酒屋でアルバイトをしたことがあったのと、夜だと子供も数時間なら主人に見てもらえるので。こういったところで見つけましたよ⇒居酒屋アルバイト

働き初めて一か月が経ちました。やっと家とアルバイトの両立とまではいきませんが生活リズムがつかめてきたように思います。

アルバイトを始めてから何となく息抜きもできているようで、体は疲れているはずなのに気分は晴れ晴れとした感じなんです。お金を稼いでいるっていう充実感なのかもしれませんが・・・

私は居酒屋でアルバイトをはじめたのですが、ほかにも時給が良いとか待遇が良いアルバイト先も沢山ありましたよ。

「治験ボランティア」は、精神的だけじゃなく体力的にも余り影響がなく、一方で高収入を手にできるという素晴らしいアルバイトです。お金が掛からずにボディー検査を実施して貰えるという所も魅力です。
海関係のリゾートバイトをやれば、オフ日にはマリンスポーツを満喫できます。今の住まいを抜け出して、南の島で今までとは違う自分自身を認識するのもワクワクするものだと思われます。
具体的に言うと、イベント運営のスタッフとか、大学受験に係る試験委員の手伝いスタッフなどが、日払いバイトとしてたまに募集される労働内容です。
これは、本屋のアルバイトのみの話というわけじゃありませんが、ライバルになり得る希望者を一歩リードするには、面接の段階で「どれだけ自分の熱い思いを吐露できるか!?」が重要だと断言します。
多くの仕事を実行する必要があるのがカフェバイトになります。骨が折れますが、個々人が人間的にレベルアップしていく充足感でいっぱいになるというところも、このアルバイトをやってもらいたい理由になるのです。

単発バイトと言いますのは、日払いであるとか週払いを行なっているところも様々あって、一刻も早く現金が必要だという場合には、単発プラス日払い、でなければ週払い選択可のアルバイトに応募すると良いと思われます。
名の知れたナビサイトは、高校生の採用仲介に真剣に取り組んでいるというわけです。それがあるので、時給が上昇傾向になります。日払いバイトであったとしても、3~4回やったら、結構なアルバイト代が支給されます。
日払いにつきましては、給料の計算の仕方が1日単位というだけであり、働いた日に現金が振り込まれるとは限らないので、その点は確認してください。しばらく経ってから入金してくる場合が大半だと思ってください。
バイトをやったことがなくて自信がないという方には、「初めての方募集中」の短期バイトを一押しします。自信がないという学生は、あなただけなんてことはないので、不安がる必要がありません。
コンパ、部屋の模様替え、温泉ツアー、予想外のお金が入り用になるのが大学生だと指摘されています。こうした大学生の場合は、日払いのアルバイトが何かと重宝します。

総じて、アルバイトの日数が3ヶ月未満の仕事を短期バイトと呼んでいます。これに対して、仕事がこの日だけとか4~5日だけの時は、単発バイトと称されます。
学生がバイトを実践するということには、今後の向かう先がはっきりしていない学生が、数々の業界に触れることができるというメリット、またこの先の目標を見据えた能力アップが望めるという素晴らしさあります。
早いところ金を捻出しなければならない人や、貯金がなく、生活費を今すぐ稼ぎたい人にとりましては、即日払いができるアルバイトがとにかくおすすめです。
商品の陳列、キャッチ&セールス、プログラミングなど、日払いの高収入バイトには、本当のところ様々な業種が存在するのです。格好お任せとか1日限りというようなものも充実しております。
長期間のバイトと比べて高時給なんです。単発のバイトなら、日数に制限のある学生さん、もしくは主婦の方にもちょうど良いバイトに違いないでしょう。

専業主婦になって思ったのはお金に対する価値観がとても変わったということです。

今までもお金を大切に使ってこなかったわけではないのですが、100円の大切さがよーくわかります。体力を使い・気を使い毎日働いて稼いでいるひとだけが贅沢することが許されているような気がします。

やはり私には働いているほうが合っているように思いますね。

 

結婚式の費用がたりない!

今まで貯めてきた彼氏との定期的な貯金。海外挙式をするためにある程度貯めましたがやはり選んだドレスがとても高級なものになってしまい、またあれもこれもと欲を出していたら当然たりないことになってしまいました。最初は義両親が助けてくれる予定だったのですが態度をコロッと変えて貸してくれないことになりました。
海外挙式をよく思っていなかった為なのか仕方ないと思いドレスにお金が大変かかっていたので(ゲストにかかる部分は妥協したくなくて)自分のドレスを大幅に変更しようかと考えていましたが、半年以上かけて悩んだ運命のドレスを諦めるには自分の中で諦められなくて毎日泣いたり両親に相談していました。
今までお金に困った生活をしたことがなく(私側の実家は裕福です)祖母は何でも買ってあげるっていうタイプだったので結婚式のお金も少し援助してもらえる予定でした。
そんな矢先、調子が段々と崩れていっていたので頼みづらいしどうしようと思っていた時に息を引き取りました。
もうここまで来たらドレスはキャンセルできないから最低限の事をしよう!と決めつつ、自分のいらないものを断捨離がてら色々うってその中で、自分が演出に使いたいものを子購入したり、自分でやれることは自分なりに工夫してお金のやりくりをしてきたつもりです。
ローンも考えましたが、のちのち家、車など購入する時に不利になるかもしれないし、親にもローンの話をしたらそんなところに行く前に私たちのところにくるべきでしょ!と叱られました。
結果的には両親が一度きりの結婚式、娘にはいいドレスを着てそれに見合う小物をと背中を押してもらい金銭援助をしてもらいました。
そのおかげがあっても色々と出費があったので今まで主人と貯めたお金は大分そこを尽きる形になってしまいましたが、自分たちが思い描いたウェディングが出来て後悔していません。今はまた新たにハネムーンに向かって二人でつつましく生活してお金をためている最中です。